目立たない矯正-成人矯正(マウスピース矯正)-|横浜都筑区のセンター南やまもと矯正歯科

診療時間

▲ 9:00~13:00/14:00~17:30

045-532-5118

Web診療予約

MENU

見た目が気になる方へ
-成人矯正-

  • ホーム
  • 見た目が気になる方へ-成人矯正-

Adult
矯正しているかわからないほど「目立たない矯正装置」があります

横浜市都筑区の「センター南やまもと矯正歯科」は、横浜市営地下鉄「センター南駅」1番出口 スキップ広場より徒歩3分の場所にある矯正専門クリニックです。当クリニックでは、成人矯正であっても、できるだけ非抜歯での治療ができないか、優先的に検討します。また、患者さんのニーズにお応えし、治療中も目立たない矯正装置も取り扱っています。

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

矯正中の装置が目立つのが苦手……

歯がデコボコしている、口がぴったり閉まらない、受け口が気になる、すきっ歯を治したい、かみ合わせが深すぎる、出っ歯に悩んでいる……

このようなお悩みがある方は矯正治療をおすすめです。しかし、矯正治療を受けたいと思いながらも、治療中の装置の見た目が気になるとおっしゃる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。当クリニックでは、日常生活で使用していても目立たない矯正装置の取り扱いがあります。何度でもご相談を承っております。ぜひお気軽にご相談ください。

成人になってから矯正を行うメリット

成人になってから矯正を行うメリット

治療計画が立てやすい

顎の成長が完了している大人だからこそ、歯の移動を予測しやすくなります。また、矯正期間中の痛みや、複雑な装置を付けたお口のケアなど、患者さん自身が努力しなくてはならない部分がありますが、ご自身の意思で治療を始められる方が多いため、当初の計画通りに治療が進みやすいという点も大きなメリットです。

コンプレックスからの解放

大人になってから矯正治療を受けたいと思う方は、歯の機能性の不具合に悩むのと同じくらい、歯並びや口元の印象をコンプレックスに感じている方が多い印象があります。矯正治療後は、笑顔が増える方がほとんどで、人からの印象を気にしすぎることもなくなります。何事にもポジティブに取り組めるようになったという方もいらっしゃいます。

ブラッシングがしやすくなり、虫歯・歯周病の予防につながる

歯並びが悪いとしっかりと細部まで歯磨きがしづらいため、歯が重なった部分などにプラーク(歯垢)がたまりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。矯正治療で歯並びを整えることができれば、効率よくしっかりと歯磨きができるようになり、虫歯や歯周病の予防につながります。

当クリニックの成人矯正

「センター南やまもと矯正歯科」では、歯の表面に取り付ける一般的な矯正装置のほかに、透明なマウスピースを装着するマウスピース型矯正装置による矯正、歯の裏側(舌側)に装置を取り付ける舌側矯正など、目立たない矯正装置の取り扱いもございます。患者さんのお口の状態とご要望に合わせて、最適と思われるご提案をさせていただきます。

透明だから目立たない~マウスピース型矯正装置による矯正~
マウスピース型矯正装置による矯正とは?

マウスピース型矯正装置による矯正とは?

患者さんの歯型から透明なマウスピースを作製し、一定期間装着することで歯を移動させ、マウスピースを交換しながら理想的な歯並びに導く治療法です。取り外し可能なマウスピースですので、治療中も食事や歯磨きのときには外せるので衛生的です。歯の移動にかかる負荷も、他の矯正装置よりも弱いため痛みも軽減されます。

毎日一定時間装着しなくては治療効果が得られませんが、矯正治療をしていることが周囲にわからないくらい目立ちません。人前に出る職業の方や、矯正中の見た目が気になる方におすすめの矯正装置です。

マウスピース型矯正装置の特徴

マウスピース型矯正装置による矯正は、一度の歯型採取でゴールとする歯並びを設定し、それに向けて段階的にマウスピースを作製します。弱い力で歯を移動させるため、大きな歯の移動には不向きだといえます。大変魅力的な矯正治療方法ですが、メリットとデメリットをしっかり理解しておく必要があります。

メリット デメリット
  • 装着時に目立たない
  • 取り外しができる
  • 食事や歯磨きが楽にできる
  • 装置でお口の中を傷つけることがない
  • 痛みが少ない
  • 適応症例が限られる。
  • 1日20時間以上の装着が必須
  • 長時間外すことがあると治療が長引く
マウスピース型矯正装置による矯正も矯正専門クリニックで

マウスピース型矯正装置による矯正も矯正専門クリニックで

「センター南やまもと矯正歯科」が手がける治療では、矯正治療の診査診断に欠かせないセファロレントゲンを用います。普通のレントゲンが歯の全体あるいは上下の顎の画像を撮るのに対し、セファロレントゲンでは頭部全体を正面と横から撮影します。歯の位置を数値的に表して診断することで、正確な診査・診断につながり、どのように歯が動いたかという治療効果も客観的数値として知ることができます。

セファロレントゲンは、一般の歯科医院にはあまり普及していない矯正治療ならではのものです。矯正治療は、診断の結果によって大きく治療結果に影響を及ぼすため、マウスピース型矯正装置による矯正をご検討中でも、こういった精密検査が行える矯正専門クリニックをおすすめします。

どんな歯並びにも対応~マルチブラケット(ワイヤー矯正)~

どんな歯並びにも対応~マルチブラケット(ワイヤー矯正)~

マルチブラケット矯正とは、もっとも普及している矯正方法です。歯の一つひとつの表面にブラケットという部品を貼り付け、そこにワイヤーを通して歯に負荷をかけて移動させていきます。精密な移動が可能ですので、より理想的な仕上がりを期待できます。

あらゆる症例に適用可能で、金属製のブラケットであれば比較的安価に治療を進められますが、目立ちやすいのがデメリットです。近年は、セラミックや透明なプラスチックで作られたブラケットも登場し、マルチブラケット方式の治療効果を維持しながら、目立たない矯正治療ができます。

矯正装置が正面から見づらい~舌側矯正(リンガルブラケット矯正)~
舌側矯正装置とは?

矯正装置が正面から見づらい~舌側矯正(リンガルブラケット矯正)~

マルチブラケットが歯の表面にブラケットを取り付けるのに対し、舌側矯正では歯の裏側、つまり舌がある面にブラケットを取り付けます。表面には一切装置がありませんので、口を大きく開けて見せない限り、正面からは矯正装置が見えづらい特徴があります。治療中の装置の見た目が気になる方ばかりでなく、トランペットのような唇に押し付ける楽器を演奏される方にも好評です。

舌側矯正では、奥歯を固定源として前歯を引っ込める効果が高くなります。また、歯を舌で押すクセ(舌癖)がある場合、装置があることでこのクセが阻害され、治療後もそれが維持できれば後戻りのリスクが減らせることにもつながります。

舌側矯正の特徴

矯正治療中はご自身でゴムやプラスチック製のパーツの調整を行う必要があります。舌側矯正の場合、表側よりも手間がかかってしまい、それを負担に感じてしまう方もいらっしゃいます。舌側矯正もメリットが多い治療法ですが、デメリットについても十分な理解をしたうえで治療に臨みましょう。

メリット デメリット
  • 正面から見て目立たない
  • 舌癖防止効果で後戻りリスクが低くなる
  • 外からの衝撃があっても唇などを傷つける心配が少ない
  • 舌に装置が当たるため違和感がある
  • 発音がしにくくなる
  • 慣れるまで食事がしにくい
  • 歯磨きがしづらい
  • 比較的費用が高い
難症例の外科治療にも対応しています

難症例の外科治療にも対応しています

歯並びを整える歯科矯正治療だけでは、完全な治療が行えないケースがあります。上顎前突や下顎前突、顔面非対称など、顎の骨格からの治療が必要な顎変形症や、厚生労働省が認める特定の症例などがそれにあたり、顎の骨を切るなどの外科手術が必要になります。通常、矯正治療は健康保険が適用されない自費診療ですが、これらの疾患との診断があれば、保険適用で自己負担額を抑えた治療が可能になります。

当クリニックは、厚生労働大臣に指定される顎口腔機能診断施設であり、指定自立支援医療機関でもあります。上記のような外科手術を伴う難症例でも、当クリニックで保険適用での治療が可能です。もし、設備面などで当クリニックだけでは対応しきれない場合は、他の医療機関との連携で治療を行えます。顎の歪みなどでお困りでしたら、まずは一度当クリニックへご相談ください。

成人矯正の治療費について

患者さん一人ひとりのお口の状態によって、当クリニックからも適していると思われるものをご提案させていただきます。下記リンク先で矯正治療の基本費用や、各装置を採用した場合の費用目安をご確認いただけます。

成人矯正の治療費はこちら

to top

年齢別矯正はこちら